エリック・カルメン

画像

エリック・カルメン(Eric Carmen) 1949年アメリカ・オハイオ州生


幼少の頃からピアノを修得して、音楽理論などクラシックの素養を身につけるが、少年期ザ・フー、ビートルズ、ビーチボーイズなどに触発されロックに目覚める。1970年にラズベリーズというグループを結成し72年に「ゴー・オール・ザ・ウェイ」がヒットするも74年にメンバー間の軋轢などであえなく解散しソロ活動を始める。



「オール・バイ・マイ・セルフ」が大ヒット

ソロ活動に入った1976年「オール・バイ・マイ・セルフ」が全米2位の大ヒットになり人気を決定付ける。その後何曲かのヒットを出すも所属レコード会社とのトラブルから訴訟に発展し1980年以降ミュージック・シーンから姿を消してしまう。

最大のヒット「オール・バイ・マイ・セルフ(All By MySelf)」

この曲はセリーヌ・ディオンやレオナ・ルイスもカヴァーで取り上げていましたし、91年トヨタ、03年ダイハツがCM挿入歌に使用していたので日本でもおなじみの曲です。




メロディー・メーカーとして復活

画像沈黙を破って復活したのは1984年映画「フットルース」のサントラに収録されていたアン・ウィルソン&マイク・レノが歌った「パラダイス~愛のテーマ」に作曲者として名を連ねたエリック・カルメンであった。この曲は全米7位まで上昇し13週にわたり40位内に留まるロングセラーを記録し、80年代を代表するバラードのひとつとなり彼の才能が如何なく発揮された作品。


「パラダイス~愛のテーマ(ALMOST PARADICE)」


日本では「金曜日の妻たちへ」の主題歌にもなっていたみたいです





アルバム「エリック・カルメン」画像
1984年(日本では1985年)には久々のアルバム「エリック・カルメン」をリリース。第一弾シングル「噂の女」ではMTV向けに本格的なPVを作成するもヒットチャートでは35位止まりとあまり話題にはならなかった。収録曲は完成度の高いものが多くセカンドシングルとなった「アイム・スルー・ウィズ・ラヴ」はまさにエリック節が炸裂したバラード・ナンバーであった。しかしこのアルバムは残念ながらヒットチャートを賑わすことはなかった。個人的には素晴らしいアルバムだと思っている。ジャケット写真もかなり良い。現在は廃盤となっているが、アメリカでは70ドル以上のプライスが付いており根強い人気があるようだ。


アルバム「エリック・カルメン」ダイジェスト






アルバム「エリック・カルメン」から
「アイム・スルー・ウィズ・ラヴ(I'm Through With Love)」

いい曲なのにヒット・チャートでは最高87位。話題にもならなかった^^;




1987年映画「ダーティー・ダンシング」のサントラに収められた「ハングリー・アイズ」が全米4位となり歌手としてのエリック・カルメンが復活する。皮肉にもこの曲は自身で作詞、作曲は手掛けていなかったが、翌年ベスト盤に収められた自作曲「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」で全米ヒットチャート3位になるなど久々に彼の雄姿が話題となる。

「ハングリー・アイズ(Hungry eyes)」

このPVでは髪型を変えてイメージ・チェンジしています。


「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」(Make Me Lose Control)




70年代に多くのヒットを飛ばし、80年代は様々なアーティストに曲を提供すると共にフランク・シナトラから、モトリーク画像ルー、ダイアナ・ロス、メル・トーメ、ハンク・ウィリアムズJr.、シェリル・クロウ、オリビア・ニュートン・ジョン、アクセル・ローズ、パティ・ラベル、テディー・ペンダグラス、セリーヌ・ディオン、レオナ・ルイスに至るまで数多くのアーティストが彼の曲をカヴァーした。


メロディー・メーカーとしての存在感を発揮したあたりは、高い次元の音楽センスを擁するたぐい稀なアーティストではなかっただろうか。クラシックで学んだ音楽理論を活用したスケール感の大きい創造的な曲作りは他の追随を許さなかった。

エリック・カルメン・・・五線譜に圧倒的スケール感を組み入れた天才メロディー・メーカーであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2008年08月21日 23:00
こんばんニャ~(=^・・^=)
おっっオイラの大好きなエリック・カルメンだぁ~(^^ゞ
スティービー・ワンダー、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニーそしてエリック・カルメン、この4人は天才メロディメーカーに間違いないダス(^_^)v
「オール・バイ・マイ・セルフ」はオイラのカラオケの定番でもありマウス(^^♪
おっフットルースだぁ~この映画は封切り初日に新宿で観ました。前日六本木のロアビルで踊り明かして、そのまま新宿に直行。まだ高校一年生だというのに、本当にマセガキでした(^_^;)
「ハングリー・アイズ」はシーナ・イーストンも歌っていましたね、別曲ですが。
今日も全曲完全制覇!心に沁みる名曲の数々をどうもありがトーマスm(__)m
2008年08月22日 17:59
マーボウさん

いつもコメありがとうです(^_^)/
スティービー、エルトン、ポールという偉大なアーティストと同等に挙げてくれましたね。その通りだと思います(^・^)

「オール・バイ・マイ・セルフ」がカラオケの定番ですか~すごいな~自分は歌ったことないけど難しそうじゃ(^_^;)でも女性の前でこれ歌うといいね~孤独な男みたいな感じで(^^♪

やっぱりフットルース見に行きましたか(^・^)自分も行きましたよ。しかし六本木で踊り明かしてから行くとはマセてましたな~こっちは田舎の映画館でおとなしく見ておりました(笑)同じ高校生だったのにえらい違いじゃ^^;

シーナ・イーストンが「ハングリー・アイズ」を歌っていたのは初めて知りました。どんな感じだったのか興味あります(^^♪いつも全曲完全制覇!ありがとうダス(^_^)/
2008年08月23日 02:28
恥ずかしい話ですが、
名前を見ても(^^ゞ

でも、曲は聴いたことが有りました(^v^)

「パラダイス~愛のテーマ」は、
金妻の主題歌に使われいたのを
ドラマの再放送を見て知りました。

「ハングリー・アイズ」ヒットしましたね。
もちろん知ってます。
でも、誰の曲だか知りませんでした(^^ゞ

天才メロディメーカーなのに、
名前も知らないなんて、
まだまだ勉強不足ですね。




2008年08月23日 16:57
あひるくん

あまり知らないのにコメントを書いてもらってすみませんm(__)m最近のブログは少しマニアックな路線かな~(^^ゞ
「パラダイス」は作曲者としてのクレジットなのですが、80年代の名曲だと思っています。金妻は見たことないのでよく知らないのですが洋楽が主題歌に使われるのは珍しいですよね。

80年代は「ハングリー・アイズ」で再びスポットライトが当たりましたね(^^♪80年代そんなに売れていたわけではないので知らないのは無理もないですよ。勉強不足だなんてとんでもない!あひるくんは自分よりはるかにレパートリーが広いですから(^・^)
スー
2008年08月30日 20:16
「オール・バイ・マイ・セルフ」聴きながらコメ書いています♪本当に良い曲ですね・kokoroに響きますよ~~♪いろんな人のかばーで・いつも聴いてるはずなのに・何回聴いても飽きないですね・良いな~~~
「パラダイス~愛のテーマ」此れはあまり聴いてない・・かな?誰かの声に似ていますね・・
誰だっけ?思い出せない・・( ̄へ ̄|||) ウーム ・
「アイム・スルー・ウィズ・ラヴ」♪♪良いな♪ムード一杯・・私の好きなジャンルだな~~
激しい曲も時には欲しくて一杯聴くけど・・やっぱりこんなゆっくりシットリした曲がお好みかな~~♪
「ハングリー・アイズ」♪
やっぱり洋楽最高!!!!や~~~~~
嬉しいな~~~此処に来るとゆっくり聴けるし・知らなかった曲発見できます!★あ(^-^) り(-^ ) が(  ) と( ^-) う\(^0^)/★~

感謝~~~~~♪


2008年08月31日 11:07
スーさん

「オール・バイ・マイ・セルフ」はたくさんのアーティストがカヴァーしている名曲ですね。ほんと心に響くし、しみる曲でございます(^^♪
「パラダイス~愛のテーマ」はハートのアン・ウィルソンとラヴァー・ボーイのマイク・レノが歌っておりました♪~

「アイム・スルー・ウィズ・ラヴ」の良さをわかっていただき嬉しいです(^・^)ヒットはしなかったのですがね(>_<)自分もこういうジャンルが好みなのですよ。バラード系は切ない歌詞が多いけど聴いていて心に染みるところが良いのです(^^♪「ハングリー・アイズ」みたいなアップ・テンポもまた良いです。

スーさんいつも丁寧なコメありがとうございますm(__)m自分もスーさんのところで新たな発見をさせてもらっているので感謝です(^_^)/洋楽ってほんといいですよね(^.^)
スー
2008年08月31日 14:20
こちらこそ何時も丁寧に感想書いてもらって恐縮です♪有り難く思ってます♪本当に音楽が好きなんですよね!音楽が在るから自分も元気に過ごせるし・癒されますよ♪
洋楽は本当に好きです!・又来ますね~~~♪
2008年08月31日 21:51
スーさん

再コメありがとうございます。
スーさんのブログ選曲センスがいいからつい長居してコメントを書いてしまうのですよ(^^ゞそうですね~やっぱり音楽好きなのかもしれません。新しいものはわかりませんが夢中になって聴いていた頃の音楽を耳にすると、その時の出来事なんかも思い出してしまいます(^・^)自分も洋楽は大好きです(^^♪
あひるくん(再)
2008年09月01日 18:49
東京からの帰りの新幹線からのコメント。
実は、この前コメントしなかった事ですが、
『ダーティーダンシング』のサントラを探していたのですが、
見つからず諦めていたら、東京で見つけ購入しました(^o^)
東京jazzよかった(〃^ー^〃)
近日中に、記事を書きたいと思っています。
2008年09月02日 07:12
あひるくん

わざわざ新幹線の中からコメントありがとうです(^_^)/
東京で「ダーティー・ダンシング」のサントラを購入しましたか(^・^)思わぬ掘り出し物を見つけましたね。自分も数年前ヤフオクで買いましたよ(^^ゞこのアルバムの中では主演のパトリックが歌っていた「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」がお気に入りです。

東京jazzよかったですか~(^^♪今まで以上にjazzにのめり込むかもしれませんね~ライブの記事を楽しみにしております(^・^)
2008年09月02日 20:53
何度も失礼します。
「ダーティー・ダンシング」の
サントラですが、2004年にリマスター盤が
発売された様で、そちらを、
石丸電気で購入しました。
「タイム オブ マイ ライフ」を
去年偶然聴いて、
いろいろ探していたけどダメで、
1曲買いでもいいかと思ったけど
それも見つからず、ようやく聴けました。
この曲ってこんなに長い曲でしたっけ?

エリック・カルメンと関係のない
コメントでこめんなさい。

東京JAZZ、出来れば、
来年も行きたいです(^v^)
2008年09月03日 00:03
あひるくん

何度でも歓迎でございます(^・^)
リマスター盤ってオリジナルと何が違うのでしょう?石丸電気は品揃えいいな~。

「タイム・オブ・マイ・ライフ」は「愛と青春の旅立ち」のデュエットコンビが復活でした。このサントラからの第一弾シングルでかなりヒットしていたような♪この曲もいいですよね(^^♪でもそんなに長い曲だったかな~?ってCD見たら4分49秒となっていました。リマスター盤はこれより長いとか?

東京JAZZ来年も行きたいですか~俺も連れて行ってくれ~(^^ゞ
2008年09月03日 06:45
又来ちゃった(^-^)

「タイム・オブ・マイ・ライフ」
やっぱり、リマスター盤の方が長いですね。
なんか違うなぁーって思ってね。
6分47秒も有ります。
間奏部分も長くて、いいけど、
通常盤も聴きたかったなぁ。
どうせなら、両方入れてほしいよね(^^ゞ
2008年09月03日 22:11
あひるくん

やっぱりリマスター盤は違うところあるんだ。
「タイム・オブ・マイ・ライフ」のロング・バージョンってことか。それもいいな~(^^♪でもさすが6分47秒は長いですね^^;ほんと両方入っていればよかったけど。

他の曲は長くなのかな?

この記事へのトラックバック