ブライアン・アダムス

画像


ブライアン・アダムス(Bryan Adams) 1959年カナダ・オンタリオ州生

18歳のころに作った曲が大手レコード系列会社に認められ1978年当初ソングライターとして契約するが、翌年自作自演した曲がカナダで1位となったことからシンガーとしても認められ1980年カナダでアルバムデビューを果たす。1981年にはセカンドアルバムがアメリカでも発売(全米では118位が最高)され、それ以降フォーリナー、ラバーボーイ、ジャーニーなどのライブで前座を務めアメリカで徐々に知名度を上げていく。



サードアルバム「カッツ・ライク・ア・ナイフ(Cuts Like A knife)」でブレイク

画像1983年にリリースされたこのアルバムからのファースト・シングル「フロム・ザ・ハート」は彼にとって初の全米TOP10入りとなりアルバムチャートでも8位を記録。セカンド・シングル「カッツ・ライク・ア・ナイフ」、サードシングル「ディス・タイム」もTOP30入りとなり、人気バンドの前座を積極的にこなした努力が報われた形となる。アルバムはブライアンとボブ・クリアマウンテン(ブルース・スプリングスティーンなどを手掛けた大物エンジニア)との共同プロデュースで製作され、当時流行っていたエレクトリックサウンドは一切取り入れず骨太なロックアルバムに仕上がると共に、親しみやすいメロディーが特徴で収録曲はどれもレベルが高かった。どことなくやんちゃな青年が自分の好きな音楽を奏でているそんな印象があった。バック・ボーカルにフォーリナーのボーカルであるルー・グラムが参加していた。

「カッツ・ライク・ア・ナイフ」アルバム・ダイジェスト





初の全米TOP10ヒット
「フロム・ザ・ハート(Straight from the Heart) 」

画像

1982~1984年日本でもこの曲を含め3曲がアパレル・メーカーのCMに使用されておりブライアンの知名度をあげていた。



サード・シングル
「ディス・タイム(This Time)」
画像





アルバム「レックレス(Reckless)」で不動の人気を得る

画像1984年に前作同様ブライアンとボブ・クリアマウンテンとの共同プロデュースにより製作された4枚目のアルバム「レックレス」をリリース。前作で見せたクオリティーの高い小気味良いサウンドは更に磨きがかけられていた。また当時人気絶頂だったティナ・ターナーが「イッツ・オンリー・ラヴ」でデュエット参加していたことも話題となる。ファースト・シングルとなった「ラン・トゥ・ユー」はシングルチャートで全米6位と彼にとって最高位を更新する。そしてサード・シングルのバラード・ナンバー「ヘブン」で遂に全米1位を獲得。それに伴い発売後半年を経過していたアルバムも全米1位となり、正真正銘スーパー・スターへの階段を駆け上がった。けっきょくこのアルバムからは6曲がシングル・カットされ全てがシングル・チャートで全米TOP15位以内に入る快挙を果たし、全世界でのセールスが1000万枚を超えるモンスター・アルバムとなった。


「レックレス」アルバムダイジェスト






初の全米No.1シングル
「ヘブン(Heaven)」

画像

この曲が全米No.1になったことにより彼は飛躍を遂げる



4thシングル
「サマー・オブ69(Summer Of 69)」
画像

個人的にはブライアンの中で一番好きな曲





活躍の場を広げる


飛躍を遂げたブライアンはチャリティーコンサートやグリーンピース運動など社会的な活動を積極的にこなすようになっていく。1985年には歴史的音楽イベントであったライブ・エイドに参加。またカナダのトップアーティストがチャリティーで結成したカナダ版バンド・エイド、USA・フォー・アフリカとなるノーザン・ライツの「ティアーズ・アー・ノット・イナッフ」を同じカナダ出身のスーパー・プロデューサー・ディビッド・フォスターと共作する。そして85年暮れにはトップ・アーティストの定番であるクリスマス・ソング「クリスマス・タイム」をリリースするなどめざましい活躍をする。


カナダ版チャリティー・ユニット ノーザンライツ
ティアーズ・アー・ノット・イナッフ(Tears Are Not Enough)

参加メンバーはブライアン、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ポール・アンカ、コリー・ハート、マイク・レノなど総勢59名



「クリスマス・タイム(Christmas time)」



ヒットチャートに顔を出すことはなかったが、クリスマス・ソングとしての出来は素晴らしい





転機になったアルバム「イントゥ・ザ・ファイヤー


画像前作から2年3ヶ月ぶりにリリースされたこのアルバムは、従来の恋愛や青春もの的な歌詞から、自分や不正との対峙といった社会的要素の濃い歌詞に変化して新生ブライアンを見せる。音楽性も今までの勢いのあったロック青年といった感じから、渋めの大人のロッカーというような印象に変わったところは正直少し期待外れであった。おそらく大ヒットを飛ばした後の音楽性の迷いや積極的に社会的活動をにこなすようになったことがこのアルバムに反映されたのであろう。商業的にはこの変化の影響か前作「レックレス」の大ヒットには及ばずアルバムチャートでは全米6位が最高。シングルも3曲カットされるが第一弾シングル「ヒート・オブ・ザ・ナイト」がTOP10に入っただけであった。


「イントゥ・ザ・ファイヤー」アルバムダイジェスト








90年代以降も活躍する


80年代後半人気に一時的な翳りも見えたが90年代に入り再度存在感を見せつけることになる。1991年に手掛けたケビン・コスナー主演映画「ロビン・フッド」の主題歌「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」は全米で7週間、全英においては16週間連続、その他13の国でNo.1となり売上枚数は1300万枚を超えブライアンの最大ヒット曲となった。この曲で初のグラミー賞も獲得する。

「ドゥー・イット・フォー・ユー((Everything I Do) I Do It for You)」
画像








1993年には映画「三銃士」の主題歌を手掛ける。スティング、ロッド・スチュワートと三銃士として共演。またも全米No.1を獲得。

「オール・フォー・ラブ(All For Love)」
画像





画像現在は以前のように全米ヒットチャートを賑わすことはなくなったが、ヨーロッパ地域や地元カナダでの人気は絶大でヒット・チャートの常連である。また精力的に行っているライブはほとんどがソールドアウトのようだ。

ブライアン・アダムス・・・曲作りからプロデュースまでこなすマルチな才能の持ち主にして永遠のロック青年である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2008年10月19日 01:01
こんばんニャ~
あっっブライアン・アダムスだぁ~ 予告通り紹介してくれて、かなやんさん本当にありがトーマスm(__)m
「フロム・ザ・ハート」のライブバージョン最高ダス(^^♪ 思わずPCの前で一緒に歌ってしまいました(^_^;)
「ディス・タイム」も「ヘブン」のライブバージョンも最高ダス(^_^)v またまた一緒に歌わせていただきました。あははっっ~~
ダイジェストにオイラの大好きな「Somebody」がありましたね(^^ゞ
「サマー・オブ69」は、かなやんさんの1番のお気に入りなのダスね!オイラはやっぱり「Somebody」が1番のお気に入りかなぁ~(*^^)v
「ノーザンライツ」は、みんな歌がウマ過ぎダス(@_@。
「クリスマス・タイム」は、ホント出来がイイダス。ストリングスが最高ダスね(^_^.)
「ドゥー・イット・フォー・ユー」は、彼のバラードの中では一番の傑作ダス。
彼は、ロックシンガーでもありバラードシンガーでもありますね。両方とも本当に最高ダスヽ(^。^)ノ
2008年10月19日 01:02
続きでございマウスm(__)m

「オール・フォー・ラブ」は、三十四(三銃士)に相応しいスンゴイメンバーダスよね(@_@;) 個性的な3人が集まれば素敵なメロディを奏でるのは、ごく自然な事ダスね(^.^)
やっぱりブライアン・アダムスは最高でございマウス(*^_^*)
カナディアンロックも良いダスなぁ~
今日も全曲完全制覇!!50分弱の時間だったけど、本当に最高の時間を過ごせました(^◇^)
かなやんさん、本当にありがトーマス。次回も期待していマウスm(__)m
2008年10月19日 17:35
マーボウさん

今回は書いているうちにあれこれ何曲も貼り付けてしまって、自分でも多すぎかなと思っておりました^^;それなのにここの曲50分かけて一気に聴いてくれたのですか~感激ダスm(__)m貴重な時間を割いていただきありがとうです(^・^)

「フロム・ザ・ハート」「ヘブン」のライブバージョンはオリジナルとは一味違っていいですよね。オーディエンスとの一体感が最高です(^^♪「ディス・タイム」のPVはNHKのレッツ・ゴー・ヤングに出演したときのものだと思うのですが若いっすね(^・^)

「Somebody」はマーボウさんお気に入りの曲でしたね。この曲の「みんな誰かが必要なのさ」ってフレーズを聴くと勇気付けられます。これが収録されているアルバム「レックレス」はほんとよかったです♪自分は「サマー・オブ69」を聴くと青春時代を回顧してしまうのです(^^ゞ

「ノーザンライツ」はほんとにみんな歌がウマ過ぎダス♪当時カナダ以外ではほとんど話題にならかったのですが、もっと皆に知ってもらいたい曲です。
2008年10月19日 17:37
マーボウさん
~続きです。

「クリスマス・タイム」もあまりスポットがあたらなかったけど、同時期だったワムの「ラスト・クリスマス」に負けてませんよ。このPVは神聖なるバチカンでのコンサートみたいで髪型を整えたブライアンは優等生みたいでした^^;オーケストラとの共演も見事でした。

「ドゥー・イット・フォー・ユー」は90年代の名曲でしょうね。地元カナダでは39週間1位を維持していたらしいです^^;たしかに彼のバラード作りは一級品だと思います。

「オール・フォー・ラブ」の組み合わせは意外でした~まさかスティング、ロッドと共演するとは^^;3人の個性をしっかり主張しているところはブライアンの曲作りのセンスの良さでしょうか♪ブライアン・アダムスは最高です(^^♪

ほんとマーボウさんありがトーマス(^_^)/

mick
2008年10月22日 09:16
かなやんさん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)
ブライアン・アダムス は、80年代前半ということで、私もかろうじて知っておりますよ。かなやんさんやマーボウ丼ほど詳しくはないけど・・・・
レッツゴーヤング懐かしい映像ですね。
「フロム・ザ・ハート(Straight from the Heart」の映像是非、見たかったんですが、遅かったのかなぁここに来るの?残念ながら、ようつべ削除されてましたね・・・聞きたいぞ!


2008年10月23日 21:47
ブライアン・アダムス好きです(^^♪
「ヘブン」で、知りました。
「クリスマス・タイム」懐かしい。
久しぶりに聴きました。
「オール・フォー・ラブ」曲も
好きですが、豪華メンバーでしたよね。
2008年10月24日 22:23
mickさん

ブライアン・アダムス はご存知でしたか(^・^)mickさんが洋楽を聴かなくなった頃に自分は聴き始めたので(^^ゞ、レッツゴーヤングの映像懐かしいですね。You Tubeを探していたらあったので貼りました。「フロム・ザ・ハート」の映像は権利関係のせいなのかYou Tubeが端から削除しているみたいです^^;違うやつ貼りつけてもまた削除されると思うのでこのままにしておきます。曲は「カッツ・ライク・ア・ナイフ」アルバム・ダイジェストの4曲目1分30秒付近のやつです。良かったら聴いてみてください♪
2008年10月24日 22:25
あひるくん

ブライアン・アダムス好きですか(^・^)いいですよね♪
「ヘブン」で一気に知名度上げましたからこの曲で彼を知った人は多いみたいです。「クリスマス・タイム」をご存知とはなかなか通ですね(^^♪「オール・フォー・ラブ」は意外な組み合わせメンバーでしたけど3人の個性がよかったです。ほんと豪華メンバーでしたね。
スー
2008年11月08日 23:48
ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪彼大好きですよ!詳しいことは知らないで聴き始めましたが・声もさる事ながら・歌詞が良い!!!!聴いてて心に響きます!私のブログにも少し載せてましたが良いですね~~~♪一杯書きたいけど・時間が・ユックリ出来なくて・・うふ♪(* ̄ー ̄)vすいませんね♪
コメント有り難うございます♪何故か若い子供達が病気持ってまして・・私はいたって元気なんですが(ぎっくり腰以外はね)ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ
又深夜にユックリ来ますね~~~

何時もありがとう~~感謝♪
2008年11月09日 21:58
スーさん

ブライアン・アダムスいいですよね(^^♪あの独特の歌声と歌詞はほんと心に響きます。一度はライブ見たいな~なんて思っています。子供さんたち早く良くなるといいですね。忙しいのにコメントありがとうございました。また時間のある時にでものぞいてください(^_^)/
べくたあ
2015年09月05日 22:43
2000年からの活動はしょりすぎWww.
アンプラグドめちゃいいデス。あと冬季オリンピック、トロントのネリーファタードとのデュエットも感動ですた。

この記事へのトラックバック