チャリティー・ソング

80年代はいくつかのチャリティー・ソングがありました。その魅力は数多くのアーティストが集結してひとつの楽曲を歌うことでリスナーに感動を与えてくれたことではなかったかと思います。そんな曲を今回は紹介します。



ドゥー・ゼイ・ノー・イッツ・クリスマス(Do they know it's christmas)/バンド・エイド(BAND AID)

80年代チャリティー・ソングの源泉は1984年イギリスから発信されたこの曲ではなかったか。アフリカ/エチオピアの飢饉をテ画像レビで知ったブームタウン・ラッツのボブ・ゲルドフがこの窮状を少しでも改善したいと、ミュージシャン仲間に声をかけたら次々と賛同の輪が広がりU・Kのアーティストが勢揃いしてバンド・エイドが結成された。曲作りはボブ・ゲルドフとウルトラヴォックスのミッジ・ユーロ、ミックスはトレヴァー・フォーンが担当し1984年11月25日に録音され29日には店頭へ出荷されるという早業だった。翌週には全英ヒット・チャートで1位となる。参加メンバーはポール・ヤング、カルチャー・クラブ、フィル・コリンズ、ワム、U2、スタイル・カウンシル、ポール・マッカートニー、スパンダー・バレーなどそうそうたる顔ぶれ。このユニットが後にUSA・フォー・アフリカを誕生させるきっかけとなった。







ウイ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)/USA for AFRICA

この曲は80年代洋楽ファンなら知らない人はいないのではないだろうか。バンド・エイドの結成に刺激を受けUSA・画像フォー・アフリカが結成されマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが84年のクリスマス休暇に曲を書き上げた。1985年1月28日に行われたアメリカン・ミュージック・アワード終了後にアメリカを代表するアーティストが集い、クインシー・ジョーンズのプロデュースのもと録音された。ライオネル、マイケルはもちろんスティービー・ワンダー、ビリー・ジョエル、ブルース・スプリングスティーンなどが一同に会したのは感動ものであった。1985年4月に全米ヒットチャート1位となり年間チャートでも6位を獲得する。






ティアーズ・アー・ノット・イナッフ(Tears Are Not Enough) /ノーザンライツ(Northern Lights)

画像カナダのトップアーティストが集結したノーザン・ライツ。この曲はディビッド・フォスターとブライアン・アダムスの共作で1985年2月10日ディビッド・フォスターのプロデュースにより録音される。参加メンバーはブライアン・アダムス、ニール・ヤング、ジョニ・ミッチェル、ポール・アンカ、コリー・ハート、マイク・レノなど総勢59名。地元カナダのヒットチャートで1位を記録。











ダンシング・イン・ザ・ストリート(Dancing In The Street)/デビッド・ボウイ&ミック・ジャガー(David Bowie & Mick Jagger)

この曲のオリジナルは1964年にマーサ&ヴァンデラスによってヒットしたもの。これをデビッド・ボウイとミック・ジャガーが慈善活動としてライブ・エイド世界中継の中で放映するためPVを作成した。歌詞のスタートが「OK、TOKYO」画像
で始まったことから少し優越感を感じた。シングルとしても発売されヒット・チャートではイギリス、オーストラリアで1位、全米で7位を獲得した。









愛のハーモニー(That's What Friends Are For)/ディオンヌ&フレンズ(Dionne Warwick & Friends)

この曲はバート・バカラック&キャロル・ベイヤー・セイガーの黄金コンビにより1982年に作製され、もともとは映画画像の挿入歌としてロッド・スチュワートが歌っていた。それをディオンヌ・ワーウィックと友人たちによってカヴァーされ エイズ救済財団への慈善活動シングルとして1985年にリリース。友人たちとはグラディス・ナイト、エルトン・ジョン、スティービー・ワンダーといったすばらしいメンバーだった。全米ヒットチャートでは4週にわたり1位となりグラミー賞も獲得する。








ヴォイセス・ザッツ・ケア(Voices That Care)

1991年に起きた湾岸戦争で米国軍兵士の士気高揚と国際赤十字をサポートする目的でデイヴィッド・フォスター、リンダ・トンプソン、ピーター・セテラによって製作され全米ヒットチャート3位となる。セリーヌ・ディオン、ピーター・セテ画像ラ、ボビー・ブラウン、ルーサー・ヴァンドロス 、マイケル・ボルトン、ケニーG など多くのアーティストが参加。またコーラスにはポール・アンカ 、 シーナ・イーストン 、ケニー・ロジャース 、ケビン・コスナー、リチャード・ギア、ウーピー・ゴールドバーグ、ブルック・シールズ、マイク・タイソン 、ドン・キング など歌手、俳優、スポーツ選手など多彩なメンバーが加わっていた。

目立っていたのは当時デイヴィッド・フォスターの秘蔵っ子としてデビューしたばかりでまだ知名度の低かったセリーヌ・ディオンを主役で歌わせ、同じ秘蔵っ子であったウォーレン・ウィービーが最後を締めていた。ウォーレンは残念ながら1998年に亡くなっている。






今回のチャリティー・ソングについて語っています。良かったら聞いて下さい。






どの曲も良いですひとつの曲に複数のアーティストが参加してメッセージを伝えることは素晴らしいですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年11月09日 02:59
こんばんニャ~
おっっチャリティソング特集だぁ~(^^♪
先ずは、バンドエイドダスね!あれからもう24年が経つのダスね(~o~)
オイラの大好きなブリティシュ・ロッカー達が一堂に会して素敵なメロディを奏でるなんて、当時は夢のような出来事だったダス(*^_^*) あの時の感動は今でも忘れません。オイラの大好きなポール・マッカートニーもポール・ウエラーも参加していたのですよね。
あっそうだ!4年前に「BAND・AID 20」もありましたよね!1984年のメンバーがガラリと変わり、「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス」を新しいメンバーで再録してましたね(#^.^#)
続いては、USA for AFRICAダスね、こちらのメンバーも超豪華ダスよね(@_@。当時は、参加メンバーのモノマネをして喜んでいました(^_^)v が、シンディ・ローパーのモノマネだけは、難しくて出来ませんでした(^_^;) あははっっっ
でも今聴いても、本当に素敵な歌ダスね(^.^)
2008年11月09日 03:14
続きダス。

続いては、ノーザンライツダスね、この曲は前記事で、かなやんさんに紹介頂いてから大好きになりました。ニール・ヤング渋いダスねぇ~(^-^)
続いては、デビッド・ボウイ&ミック・ジャガーダスね、ライブ・エイドの中継は、徹夜して全て観ました。本当に感激だったダス。中でもレッド・ツェッペリンの再結成には、本当に感激しました。が、ボンゾ(ジョン・ボーナム)の代わりにフィル・コリンズがドラムを叩いてましたね。フィル・コリンズがイギリスの会場からからアメリカの会場へ何時の間にか移動していて、当時はとてもビックリしました。コンコルドを使っていたのですよね\(◎o◎)/!
続いては(Dionne Warwick & Friends)ダスね、スティービー・ワンダーのハーモニカがとても印象に残っています。ロッド・スチュワートのオリジナルもとてもイイけど、大人のハーモニーを聴かせてくれる、この曲も最高ダスね(*^^)v
2008年11月09日 03:27
続きダス。

最後は、ヴォイセス・ザッツ・ケアダスね、この曲にコーラスでマイク・タイソンが参加してたのには、とても驚きました(@_@。強いアメリカの象徴だったのダスかなぁ~(・・? それにしても、ドン・キングのヘアースタイルは、インパクトが有り過ぎダスね(~o~) アハハ

日本ではレーベルの問題で、中々このような素敵な企画が実現できませんよね。本当に悲しい事です(T_T)

今日も全曲完全制覇!30分弱の時間だったけど、本当に楽しませてもらいました(*^^)v
かなやんさん、ありがとーございました。また楽しみにしていマウス(^O^)/
長々コメントを書いてしまって、どうもスイマメ~~~ン ←ジョイマン風!アハハッッッ~~~
2008年11月09日 22:01
マーボウさん

せっかくの休日なのに貴重な時間を割いて見てくれてほんと感謝ダスm(__)m

今回はチャリティー・ソングを掲載してみました。言われてみるとバンドエイドからもう24年も経っているんですね^^;メンバーはすごいの一言。曲もすごく良かったです。マーボウさんの好きなポール・ウエラーはしっかりPVに映っております。ポールはバック・コーラスのみだったから残念ながら映っていませんでした。1998年と2004年に新しいバージョンが出ていたみたいですけど聴いたことありません(^^ゞどんな感じなのでしょう。

USA for AFRICAも超豪華メンバーでした。初めてPV見たときは大感動でしたよ(T_T)参加メンバーのモノマネをやっていたのですか^^;シンディ・ローパーのモノマネは難しいでしょうね(笑)ノーザンライツは当時日本であまり話題にならなかったけど好きな曲でした。あの頃はデビッド・フォスターが絡んでいると何でも食いついていきましたから(^^ゞPVのニール・ヤングの存在感はいいです。ライブ・エイドの時も大観衆を前にギターとハーモニカだけで演奏していたのはシビレました♪
2008年11月09日 22:03
マーボウさん

~続きです。

デビッド・ボウイ&ミック・ジャガーはライブ・エイドの中継時に初めて見て気に入りました。マーボウさんも徹夜して全て観ましたか(^・^)自分も同じです。フィル・コリンズはイギリスとアメリカ両会場に出た唯一のアーティストでしたね。そういえばコンコルドがNYに着いたとき少しテレビで中継していたかな。

「愛のハーモニー」はスティービーのハーモニカの音色が暖かくて好きでした。それにエルトン、グラディスとのハーモニーも最高です。
ヴォイセス・ザッツ・ケアは参加メンバーが多彩でしたね。ほんとにマイク・タイソンが参加してのは驚きでしたが、ドン・キングがいたのはもっと驚きでした(^_^;)あのヘアースタイルと名前は最高ですね。彼の存在はすごくインパクトが有りました。さすがエンターテイメントの国アメリカだな~なんて思ってました。誰の試合か忘れたけど最近日本のボクシング試合に顔を出していましたよ。

いつも全曲完全制覇ありがとうダス(^_^)/
スー
2008年11月10日 22:07
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
凄い・・長いコメントが・・♪
昨日の深夜・歌だけ聴いてコメント書かなかったんですよ~^^♪
今来ました♪
ドゥー・ゼイ・ノー・イッツ・クリスマス・・凄い顔ぶれですね!歌は聴きなれてるのに・違った人たちの声が色々混ざってる♪此れは聴いててクリスマスの雰囲気がタップリ!うん・・凄く素敵な歌に仕上がってますね・・良いわ♪
あ・・電話だ・・後で又来ますね~~~♪ごめんなさい~~~
続き♪・・スー
2008年11月11日 11:01
「ウイ・アー・ザ・ワールド」・此れはもう知ってるも何も・パソコンの中に曲持ってます~~♪聴いてますよ・クリスマスの時期は(⌒-⌒)ニコニコ...♪
「ティアーズ・アー・ノット・イナッフ」アダムスの声・・直ぐに解りますね!ハスキーな彼の声・・痺れます==!!良い歌だわ・これも・
で・・次の「ダンシング・イン・ザ・ストリート」!!今デヴィットボーイのダンスに目が釘付け!!若い時から彼が大好き!!!あの顔もスタイルも・・(∇〃)。o〇○ポワァーン♪良かった・・此処で見れました♪「愛のハーモニー」此れを先日先に聞貸せて貰って帰ったんです♪
で・ディオンヌ・ワーウィックの声に痺れて・・色々聴き捲くりましたよ!ユーチューブで!良いですね・ダイアナロスやドナサマーはよく聴いていたんですが・彼女はよく知りませんでした♪今毎日聴いています♪
続きパート2♪
2008年11月11日 11:10
ごめんね~~入らなかったのよ・
「ヴォイセス・ザッツ・ケア」♪
此れは湾岸戦争の時ですか?1月17日ですね・この歌殆ど聴いてませんでした・セリーヌが若い!!良い声です♪

今回も長くなってしまった・・♪
話が終りませんね~~洋楽は♪
2008年11月11日 17:56
スーさん

いつもたくさん見てくれてありがとうございます(^・^)

コメントは書きたいこと省略しなきゃと思うのですが、洋楽のことだとつい長くなってしまいます(^^ゞ
「ドゥー・ゼイ・ノー・イッツ・クリスマス」のメンバーはほんと凄いです。この曲はこれからの時期に聴くと余計と心に響いてきます。
「ウイ・アー・ザ・ワールド」は洋楽ファンなら知らない人はいないですよね。あれだけのメンバーが一つの曲を一緒に歌うなど、後にも先にももうないなと思っています(^^♪
「ティアーズ・アー・ノット・イナッフ」はカナダのアーティストだったので知っている人は少ないけどブライアンのハスキー・ボイスはすぐわかりますよね。ほんと良い歌でした。当時デヴィット・ボーイは40過ぎていたけどノリノリでしたね。ライブ・エイドでのパフォーマンスもかっこよかったし(^.^)「ダンシング・イン・ザ・ストリート」のPVも最高でした!スーさんが(∇〃)。o〇○ポワァーンとくるのわかります(^○^)
2008年11月11日 17:57
スーさん

~続きです。

ディオンヌ・ワーウィックの「愛のハーモニー」も最高ですね(^^♪ディオンヌの歌声は独特で病みつきになる声です♪プロフィールは詳しくありませんけどホイットニー・ヒューストンとは親戚関係みたいです。スーさんお気に入りになったみたいなのでバリー・マニロウとのデュエットですごくいい曲あるので今度おくりますね。

「ヴォイセス・ザッツ・ケア」は湾岸戦争の時のやつです。よく日付を覚えておられましたね。すごい(^’^)当時戦況がTV中継されていて関心が高かったです。セリーヌほんとに若かったですね。この後にあれだけの大成功を収めるとは思ってもみませんでした。ほんとうに洋楽は話が終りませんね~(^^ゞ
スー
2008年11月11日 20:33
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
メッセで貰った歌!すぐに日記に貼り付けましたよ♪ものすごく良い歌ですね!
気に入りました♪有り難う♪
湾岸戦争・・朝の7時か8時に開始されたんじゃなかったかな?現地時間が夜中の3時?2時?位に始まったから♪
何で覚えているか・・( ̄∀ ̄*)イヒッ♪
自分の誕生日の朝だったから・・
ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

洋楽の話しに成ると終らんぞ~~~!!

・・・失礼・・うふ♪(* ̄ー ̄)v
2008年11月11日 21:57
「Do They Know It's Christmas Time?」と言えば、マーボウさんの
コメントにも有りましたが、
Band Aid 20もありましたね。

http://jp.youtube.com/watch?v=edWDbWdxsxE

「We Are The World」は、映像を見たくて、DVDを購入しましたが、初回の物を。
画質が、あまり良くありませんでした。
音はデジタルリマスターらしいのですが・・・。
「Dancing In The Street」
好きな曲です。
ライブ・エイド世界中継の中で放映するためPVとは知りませんでした。
「That's What Friends Are For」
懐かしい。

チャリティソングでは有りませんが、
反アパルトヘイトの「サン・シティ」
って曲も有りましたよね。
ブルース・スプリングスティーンや
ホール&オーツやボブ・ディランが
参加していました。
2008年11月12日 05:52
スーさん

日記に貼ってくれたのですか。ありがとうございます(^^♪
あの曲はけっこう好きな曲なのですよ。

湾岸戦争は時間まで記憶しているのですね^^;あの日はスーさん誕生日のだったのですか。それなら忘れませんよね(^・^)

ほんと洋楽の話しは終りませんね~(^^ゞ
2008年11月12日 05:56
あひるくん

Band Aid 20の存在だけは知っていましたが、どんな感じに仕上がっているか全くわかりませんでした。さっそく教えてもらったPV見ましたよ(^○^)でも歌っている人が誰なのかわかりませんでした(^^ゞ唯一わかったのはU2のボノとギターのポール・マッカートニーだけです^^;
「We Are The World」のDVDを持っているのですか(^・^)メイキングとかも入っているやつかな。画質が良くないのはちょっと残念ですね。

「Dancing In The Street」いいですよね(^o^)ライブ・エイド世界中継に間に合うように収録されたようです。最初見たときかっこいいな~と思いました(^^ゞ「That's What Friends Are For」は時たま聴きたくなる曲です。

そういえば反アパルトヘイトの曲「サン・シティ」ありましたね~忘れていました(^^ゞけっこうヒットしていたしPVにもブルース・スプリングスティーンとか出ていましたよね。確かネルソン・マンデラ氏に捧ぐって書かれてた思うけど、その後彼は大統領にまでなりましたね。

この記事へのトラックバック