1985年3月ビルボードTOP10

1ヶ月半更新をさぼっておりました(^^ゞ

いよいよ今日から3月ですね。3月といえば暦の上でも春かな~と自分なりに感じており、一番好きな季節の到来に少し心躍らされています


今回は1985年3月2日付けのビルボードTOP10を掲載してみました。前回1983,1984年の掲載時は1月初めのチャートだったので、今回も1月のにしようか迷いましたが、季節に合わせることにしました。

自分の場合ちょうどこの時期は洋楽の聴き方に変化の出た時期でした。前年の11月からアメリカで人気のあった音楽専門チャンネルMTVが日本でも放送開始となり、毎週日曜日2時間だけでしたがヒットする前の楽曲をたくさん見られるようになったのです。

それまでは「ベスト・ヒットUSA」などヒット・チャートを中心にした洋楽番組だけでしたから、結局はヒットの後追いで聴いていたわけですが、MTVは新曲を中心に放映されたことから、そこからお気に入り曲を見つけ出すようになっていったのです。自分が良いな~と思った曲が1ヶ月くらい後にヒット・チャートにランク・インするなんてこともあり、それが洋楽の楽しみを倍増させてくれたものでした。ですから今回のチャートはヒットする前に聴いた(見た)曲がほとんどでした。


すみません、前置きが長くなりました(^^ゞ

今回のチャート皆さんはどのくらいご存知でしょうか






1985年3月2日付けビルボードTOP10


1位 ケアレス・ウィスパー(CARELESS WHISPER)/ワム(WHAM Featuring GEORGE MICHALE)


この曲はイギリスと日本では1984年夏にジョージ・マイケルのソロでリリースされていましたが、アメリカでは契約の関係上ワムの曲としてアルバムに収録されました。日本よりも半年遅れでヒットしていましたね。西城秀樹が「抱きしめてジルバ」というタイトルでカヴァーしていたかな。ジョージ・マイケルがちょっと違う世界にいってしまったのは寂しいですね^^;




2位 涙のフィーリング(CAN'T FIGHT THIS FEELING )/REOスピード・ワゴン(REO SPEEDWAGON )



この曲は個人的に80年代の名曲ベスト10に入ります。ヒットチャートにランクインする前にMTVで見て気に入りました。この後3週にわたり1位を獲得した時は嬉しかったです。PVは当時2バージョンありましたが、こちらのPVがお気に入りでした。






3位 カリフォルニア・ガールズ(CALIFORNIA GIRLS)/デイビッド・リー・ロス(DAVID LEE ROTH)


バン・ヘイレン脱退後にリリースされたソロ・アルバムからの第一弾シングルでビーチ・ボーイズのカヴァーという意表を突いた選曲が話題となっていました。映像は2004年のライブみたいですが、だいぶデイブのイメージが変わっていますね。当たり前か^^;





4位 ヒート・イズ・オン(THE HEAT IS ON )/グレン・フライ(GLENN FREY )


大ヒット映画「ビバリーヒルズ・コップ」のサントラからのヒット曲。彼はこの後映画「マイアミ・バイス」のサントラに「ユービロング・シティ」を提供してこちらもヒットとなりました。この年はドン・ヘンリーのソロ・アルバムもヒットしており元イーグルスメンバーの活躍が光っておりました。





5位 ラヴァー・ボーイ(LOVER BOY)/ビリー・オーシャン(BILLY OCEAN)


前年にブレイクし、この頃は絶頂期でしたね。PVは面白いつくりでした。






6位 ニュートロン・ダンス(NEUTRON DANCE)/ポインター・シスターズ(THE POINTER SISTERS)


こちらも映画「ビバリーヒルズ・コップ」サントラからのヒット曲。彼女達らしいアップテンポのメロディーがグッド。






7位 アイ・ウォナ・ノウ(I WANT TO KNOW WHAT LOVE IS)/フォリナー(FOREIGNER)



3年半振りにリリースされたアルバムからのファースト・シングルで、彼らにとってはシングルで初のナンバー1(2月2、9日付)を獲得しました。聖歌隊とのコラボが秀逸なバラード・ナンバー



8位 イージー・ラヴァー(EASY LOVER )/フィル・コリンズ(PHIL COLLINS)&フィリップ・ベイリー(PHILIP BAILEY )



意外な組み合わせだったが、フィル&フィリップの掛け合わせは見事。それにしてもフィリップの歌声を聴いて「この人どこからこんな声が出るのだろう?」と感心しました。フィルのドラムも圧巻です。現在フォープレイで活躍しているネーザン・イーストが作曲者でクレジットされていました。






9位 シュガー・ウォールズ(SUGAR WALLS)/シーナ・イーストン(SHEENA EASTON)



この曲はまったく聴いた記憶がありませんでした(^^ゞ80年代前半から続いていた人気に翳りが見え始めていた時期だったような。この後だったか彼女は日本の焼酎のCMに出演していました。





10位 ザ・オールド・マン・ダウン・ザ・ロード(THE OLD MAN DOWN THE ROAD )/ジョン・フォガティ(John Fogerty)




この曲も記憶にない(^^ゞジョン・フォガティという名前だけは聞いたことあったけど。そういえば同じ時期にジョン・キャファティという人もいましたよね^^;




音声ブログです良かったら聞いてください




"1985年3月ビルボードTOP10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント