最近お気に入りの歌声

今回は80年代の洋楽は一休みして、自分が最近気に入っている歌声を紹介したいと思います。



アンドレア・ボチェッリ(Andrea Bocelli)1958年生まれのイタリアのテノール歌手。

画像彼は少年期に失明しながらも弁護士となり、歌手への憧れを棄てきれずに転身。その後ヨーロッパで大きな人気を得ていましたが、プロデューサーのディビッド・フォスターの肝いりでアメリカでも成功を納め、セリーヌ・ディオンとデュエットするなどポップス界でも人気があります。

彼の歌声は心にしみる優しさと力強さがあります。最近自分は仕事帰りにクルマの中でよく聴いています。仕事の疲れがス~と取れる感じです♪






ビコーズ・ウイ・ビリーブ(Because We Believe)


この曲は2006年トリノ冬季オリンピックのテーマ曲として製作され閉会式で歌われていました





ザ・プレイヤー(The Prayer) デュエット・キャサリン・マクフィー








二人目はスーザン・ボイル。この方は歌手ではない普通の女性です(笑)

画像英国の人気オーディション番組「Britain's Got Talent」に出演して一躍時の人になりました。この女性は47歳で猫と暮らし無職で独身。結婚歴や男性との交際歴もないのだそうです。テレビ番組に出た理由は、2年前に他界した母親との約束だったそうで、ステージ上では「歌手になるのが夢」と語ってはいましたが40代後半女性の戯言との雰囲気に客席からは失笑が。しかし彼女の歌声で会場の雰囲気は一変します・・・・・下の画像をクリックしてご覧ください。




「レ・ミゼラブル」から「夢やぶれて」

画像




如何でしたか?自分はこのYou Tubeを見て驚き、そして感動しました。47歳のごく普通の女性が成し遂げたアメリカン・ドリームならぬブリティッシュ・ドリームです。歌ったのが ミュージカル「レ・ミゼラブル」からのナンバー「夢やぶれて」でしたがこの選曲が余計と感動を誘いました。久しぶりに良い映像を見たな~という気分です。彼女はレコード契約に向けて始動したそうです。成功を祈りたいですね



ということで80年代の洋楽とは関係ないブログになってしまいました(^^ゞたまにはいいですよね・・・でも更新自体がたまにだからな~^^;

"最近お気に入りの歌声" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント