ワム

画像



ワム(WHAM) 1981年に友人同士だったジョージ・マイケル (GEORGE MICHAEL) とアンドリュー・リッジリー (ANDREW RIDGELEY)によっていイギリスで結成される。


ワム・メドレーです







日本でも人気

1982年にリリースしたセカンドシングル「ヤング・ガンズ」が全英チャート3位となり注目される。1983年にリリースされたファーストアルバム「ファンタスティック」が全英チャート1位となると同時にここからのシングル「クラブ・トロピカーナ」は全米でもTOP10入りを果たしワム人気が急上昇する。


クラブ・トロピカーナ(CLUB TOROPICANA)

画像

自分は当時この曲でワムの存在を知りました




その後日本では日立マクセルのカセットテープCMのキャラクターに採用され英・米に劣らない人気を得る。そして契約問題のこじれからジョージ・マイケルがソロでリリースしたシングル「ケアレス・ウィスパー」は西城秀樹と郷ひろみがカヴァーするに至り日本語歌詞でもヒットする。


ケアレス・ウィスパー(CARELESS WHISPER)


日本人歌手2人が同じ曲のカヴァーを出すのは珍しかったですよね




アルバム「メイク・イット・ビック」の大ヒット

ヒット連発後に所属レコード会社とトラブルになり、新しいアルバムの発売が遅れるも1984年に待望のニューア画像ルバム「メイク・イット・ビック」をリリースして世界的に大ヒット。デビュー3年にしてスーパースターの仲間入りを果たす。親しみやすいポップなメロディーは幅広い支持を得て、このアルバムからは全米TOP10ヒットが4曲出た。アイドル的な見方もされていたが、ジョージ・マイケルのメロディー・メイカーとしての評価は高く、イギリスのポップ音楽界の象徴として60年代のポール・マッカートニー、70年代のエルトン・ジョン、80年代のジョージ・マイケルと称されたほどである。1985年にイギリスのソング・ライター・オブ・ジ・イヤーを史上最年少で受賞した。

ちなみにジョージ・マイケルは80年代にワムとソロ活動を合わせ8曲の全米No.1ヒットを送り出した。これはマイケル・ジャクソンの9曲に次ぐ記録だった。




未だにクリスマス・ソングの定番としてお馴染みな曲

ラストクリスマス(LAST CHRISTMAS)






突然の解散

人気絶頂だった1986年彼らは突然の解散宣言をしてファンに衝撃を与える。6月イギリスでのライブを最後に人気ポップデュオ「ワム」は活動を終える。解散理由は明らかにされなかったが、ジョージ・マイケルがワムとして表現できる音楽に限界を感じたというのが真相のようである。彼がソロ活動になり初めてリリースしたアルバム「フェイス」はワム時代のポップなメロディーとは対照的な大人の雰囲気を表現していたことがそれを物語っていた。

解散後は何度か再結成の噂は出ていたが未だに実現していない。



ジョージ・マイケルのメドレーです



最初に聴いた時はワムとのあまりの違いにビックリしました。これが彼のほんとうにやりたかった音楽だったのかもしれません。




ワム・・・風のように駆け抜け、明るくポップなメロディーを奏でたスーパーデュオだった



レディース・アンド・ジェントルマン...ザ・ベスト・オブ・ジョージ・マイケル
エピックレコードジャパン
ジョージ・マイケル

ユーザレビュー:
素晴らしい才能と歌声 ...
ベストはいらない!? ...
80年代英国が生んだ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

グレイテスト80’s
Sony Music Direct
オムニバス

ユーザレビュー:
遂に出た!!究極の選 ...
80年代は楽しい洋楽 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

Twenty Five (通常盤)
ソニーミュージックエンタテインメント
ジョージ・マイケル

ユーザレビュー:
WHAM!時代からの ...
マスタリングの音がよ ...
お腹いっぱい。このレ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

"ワム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント