1988年 1月のビルボードTOP10

今年初めての更新になります(^^ゞ

相も変わらずマイペースでやっておりますが、皆様ことしもよろしくお願いいたしますm(__)m



シリーズ化しています気まぐれビルボードチャートTOP10。今回は1988年1月16日版です。
前々から書いていますが80年代後半はリアルにチャートを追っていなかったので、記憶も曖昧です(^^ゞ

今回のTOP10皆さんは何曲ご存知でしょうか




1988年1月16日付けビルボードTOP10



1位 セット・オン・ユー(GOT MY MIND SET ON YOU)/ジョージ・ハリスン(GEORGE HARRISON)



ビートルズのメンバーとして知らぬ人はいないと思います。彼にとっては1973年以来の1位を獲得した曲であり、また最後の1位となった曲です。ビートルズの曲を知らない人でもこの心地良いリズムは記憶に残っているのではないでしょうか。1988年の年間シングル・チャートでも5位となっています。58歳での旅立ちはあまりに惜しかったです。








2位 やさしくエモーション(SO EMOTIONAL)/ ホイットニー・ヒューストン(WHITNEY HOUSTON)


画像


デビューアルバムからの成功もさめぬ間にリリースされたセカンド・アルバム「ホイットニー」からのサード・シングル。この曲で6曲連続1位となり、80年代最強の女性アーティストと称されていました。伸びのあるヴォーカルはインパクトがありました。








3位 メイク・ミー・フィール(THE WAY YOU MAKE ME FEEL)/ マイケル・ジャクソン( MICHAEL JACKSON)


画像


アルバム「BAD」からのサード・シングルとしてリリースされ、もちろん1位を獲得した曲です。このアルバムからは結局5曲が1位になるわけですが、前作アルバム「スリラー」と合わせ彼が「キング・オブ・ポップ」として金字塔を確立した時期だったのではないでしょうか。










4位 ニード・ユー・トゥナイト(NEED YOU TONIGHT)/ インエクセス(INXS)



オーストラリア出身のバンド。シャープなサウンドが受けアメリカでも絶大な人気を獲得した。しかしボーカルのマイケル・ハッチェンスは1997年に自ら命を絶ってしまう。










5位  想い出に抱かれて(COULD'VE BEEN)/ ティファニー(TIFFANY)




いきなりデビュー・アルバムが大ヒット。彼女は当時まだ15歳でアイドル的な扱いを受けていましたが、歌唱力はなかなかのもので感心しました。 この曲はデビューシングル「ふたりの世界」に続き1位を獲得しています。









6位 冬の散歩道(HAZY SHADE OF WINTER)/ バングルス(THE BANGLES)



1986年「マニック・マンデー」のヒットに始まった彼女達の快進撃は留まるところを知りませんでした。この曲は映画「ラ・バンバ」のサントラ盤に提供されたもので、オリジナルはサイモン&ガーファンクルです。









7位 キャンドル・イン・ザ・ウィンドウ(CANDLE IN THE WIND)/ エルトン・ジョン(ELTON JOHN)



ご存知大御所エルトンです。この曲はもともとマリリン・モンローに捧げたものでしたが、1997年に事故死したダイアナ妃の葬儀で歌詞を手直しして、自ら参列者の前で演奏しダイアナ妃を追悼し涙を誘いました。後に「キャンドル・イン・ザ・ウィンドウ 1997」として再リリースされ、全世界で4000万枚近く売り上げシングル・セールスとしては史上最高の枚数として、いまだに記録されています。









8位 テル・イット・トゥ・マイ・ハート(TELL IT TO MY HEART)/ テイラー・デイン(TAYLOR DAYNE)



個人的にはほとんど聴きませんでしたが、80年代後半に支持を得ていたダンス・ナンバーブームに乗ったという感じでしょうか。パンチの効いたヴォーカルはなかなかです。









9位 フェイス(FAITH)/ ジョージ・マイケル(GEORGE MICHAEL)

画像


ワム解散後に初めてリリースしたソロ・アルバム「フェイス」からのセカンド・シングルで、この曲を含め後にリリースされた他のシングルは4曲連続で1位を獲得しており、改めて彼のソング・ライティングのクォリティーの高さを見せ付けられた思いです。











10位 イズ・ディス・ラブ(IS THIS LOVE)/ ホワイトスネイク(WHITESNAKE)

画像


元ディープ・パープルのヴォーカリストだったデヴィッド・カヴァデールが結成したハードロックバンド。ハード・ロック路線にメロディアスな要素を取り入れ人気を博す。ハード・ロックバンドのバラードは絶品です♪







音声ブログです。よかったら聞いてください。



"1988年 1月のビルボードTOP10" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント