テーマ:日記

1984年6月のTOP10

5年ぶりの更新になります(^^ゞ 長い間放置していたにもかかわらず、このブログをご覧いただいた皆様には感謝しております。相変わらず更新頻度の少ないブログではありますがこれからもよろしくお願いいたしますm(__)m 5年の放置期間中でも80年代洋楽への愛情は薄れることなく、クリストファー・クロス、シーナー・イースト、エア・…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

フィル・コリンズ

フィル・コリンズ(Phil Collins)1951年イギリス生まれ 70年代イギリスで人気だったプログレ・バンド「ジェネシス」にドラマーとして加入。リーダーのピーター・ガブリエル脱退後はヴォーカルも兼務しポップ路線に舵を切りバンドを飛躍させると共にソロとしても大成功を収め母国イギリスだけでなく、80~90年代はアメリカ、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

80年代お気に入りの1曲  リヴィング・イヤーズ THE LIVING YEARS

3か月振りの更新です 今まではアーティスト単位やTOP10といったくくりで複数の曲を1度にブログとして書いていましたが、今回は「80年代洋楽お気に入りの1曲」と題して1つの曲にスポットを当ててみました。 第一弾はマイク&ザ・メカニックスの「リヴィング・イヤーズ」です。ジェネシスのマイク・ラザフォー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ケニー・ロギンス

ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)1948年アメリカ・ワシントン生 いくつかのバンドを渡り歩いた後1971年にジム・メッシーナとロギンス&メッシーナを結成してメジャーデビュー。「プー横町の家」「ママはダンスを踊らない」等のヒットを出し70年代アメリカで最高デュオの一つと称される。1977年にソロ活動に移行。翌年マイ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

1988年 1月のビルボードTOP10

今年初めての更新になります(^^ゞ 相も変わらずマイペースでやっておりますが、皆様ことしもよろしくお願いいたしますm(__)m シリーズ化しています気まぐれビルボードチャートTOP10。今回は1988年1月16日版です。 前々から書いていますが80年代後半はリアルにチャートを追っていなかったので、記憶も曖昧です(^…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

ワム

ワム(WHAM) 1981年に友人同士だったジョージ・マイケル (GEORGE MICHAEL) とアンドリュー・リッジリー (ANDREW RIDGELEY)によっていイギリスで結成される。 ワム・メドレーです 日本でも人気 1982年にリリースしたセカンドシングル「ヤング・ガンズ」が…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

1987年8月のビルボードTOP10

私事で慌ただしい日々が続きまして2ヶ月振りの更新となりました(^^ゞ 久しぶりにシリーズ化しているビルボードTOP10チャートです。今回は1987年8月22日版です。この頃はリアルでヒット・チャートを追っていなかったのですが、けっこう印象深い曲が多かったように思います。 今から23年前の曲ですが皆さんは何曲覚えていますか? …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

マイケル・ジャクソン 永遠に

マイケル・ジャクソンの突然の訃報には驚きました。 3月に「7月からワールドツアーを行う」という会見を開き久しぶりに元気な姿を見せたばかりだったのに・・・ 50歳での旅立ちは早すぎます。あまりある才能をもっと見せてほしかったのですが。。。 彼が80年代に放ったヒット曲をメドレーにしてみまし…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

1986年4月のビルボードTOP10

またも1ヶ月振りの更新(^^ゞ今回もビルボードTOP10チャートです。今回は1986年4月12日版です。自分はこの時期あたりからヒット・チャートに関心が薄れてきたので、記憶にギリギリ残っているというのが正直なところです^^; 今から23年前の曲ですが皆さんは何曲覚えていますでしょうか? 1986年4月12日付け …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

1985年3月ビルボードTOP10

1ヶ月半更新をさぼっておりました(^^ゞ いよいよ今日から3月ですね。3月といえば暦の上でも春かな~と自分なりに感じており、一番好きな季節の到来に少し心躍らされています 今回は1985年3月2日付けのビルボードTOP10を掲載してみました。前回1983,1984年の掲載時は1月初め…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

ライオネル・リッチー

ライオネル・リッチー(Lionel Richie)1949年アメリカ・アラバマ州生 1969年に専門学校で知り合った仲間と「コモドアーズ」を結成し、70年代にアメリカで屈指の黒人人気グループに成長し「黒いビートルズ」と評される。1982年にコモドアーズを脱退してソロ活動に移行する。 ヒット・メーカー コモド…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

1984年最初のビルボードTOP10

今回も80年代のTOP10チャートを振り返る手抜き企画第二段です 今回掲載するのは1984年の一番最初となる1月7日付けビルボードのTOP10チャートです 皆さん今回は何曲ご存知でしょうか 1位  セイ・セイ・セイ(SA…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

1983年最初のTOP10

あけまして、おめでとうございます ろくに更新しないブログですが(^^ゞ今年もよろしくお願いいたしますm(__)m さて、今回は80年代のTOP10チャートを振り返ってみたいと思います(単なる手抜きですが^^;) 今回掲載するのは自分が本格的に洋楽を聴き始めた1983年の一番最初となる1月8日付…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

クリスマス・ソング

12月といえばクリスマス・ソングがあちこちで流れる時期です。クリスマスという概念は日本と欧米とでは随分と違いますよね。 自分の若かりし頃は罰当たりなことに下心を思いっきり抱いておりました そんな自分も年齢を重ねるごとに改心してきたかな~と思う今日この頃です。ほんとうか^^;{…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

エア・サプライ

エア・サプライ(Air Supply)1976年オーストラリア・ メルボルンで結成 当初はオーストラリア国内での活動だったが、1977年にアメリカへ進出。1980年にリリースしたアルバム「ロスト・イン・ラブ」が全米アルバム・チャートで22位となる。そこからシングルカットされたアルバム同名曲は全米ヒット・チャートで3位、続い…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

チャリティー・ソング

80年代はいくつかのチャリティー・ソングがありました。その魅力は数多くのアーティストが集結してひとつの楽曲を歌うことでリスナーに感動を与えてくれたことではなかったかと思います。そんな曲を今回は紹介します。 ドゥー・ゼイ・ノー・イッツ・クリスマス(Do they know it's christmas)/バンド・エイド(BA…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ブライアン・アダムス

ブライアン・アダムス(Bryan Adams) 1959年カナダ・オンタリオ州生 18歳のころに作った曲が大手レコード系列会社に認められ1978年当初ソングライターとして契約するが、翌年自作自演した曲がカナダで1位となったことからシンガーとしても認められ1980年カナダでアルバムデビューを果たす。1981年にはセカンドアル…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

スターシップ

1960年代にサンフランシスコで結成されたジェファーソン・エアプレインが前身。以降ジェファーソン・スターシップとグループ名を変えたり、メンバーチェンジを経て1985年スターシップとして再出発。 向かって左から3人目のグレイス・スリック、4人目のミッキー・トーマスによる男女のツイン・ボーカルが印象的だった。噂では1985年人気グルー…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ジャーニー

1973年にカルロス・サンタナのバンドメンバーだったニール・ショーン、グレッグ・ローリーを中心にサンフランシスコで結成される。1977年ヴォーカルにスティーヴ・ペリーを迎え、それまでインストゥルメンタル色の強かったバンド・イメージを一掃する。スティーブのハイトーン・ヴォイスとそれを生かした躍動感のあるメロディーが徐々に支持されヒット曲を…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

映画俳優たちの歌声

今回は映画俳優が本業だけど、80年代ノリで曲を出してしまった人達の特集元々が歌手で俳優を兼務するアーティストは多いのですが、その逆は非常に少なく、ましてやヒット・チャートにランクインするのも稀です。まあほとんど一発屋ヒットでしたが^^; リスペクト・ユアセルフ(Respect Yourself)/ブルース…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

1発ヒットで終ったアーティストPart2

80年代1曲しかヒットの出なかった1発アーティスト特集。個人的に印象に残ったな~という曲を紹介します。今回はその第2弾 ロックバルーンは99(99luft Balons)/ ネーナ(Nena) 1982年ドイツで結成されテレビ出演で知名度を上げる。この曲は1983年ドイツ国内でヒットチャート…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

1発ヒットで終ったアーティストPart1

今回はちょっと手抜きして80年代1曲しかヒットの出なかった1発アーティスト特集。個人的に印象に残ったな~という曲を紹介します。今回はその第一弾 セーフティー・ダンス(The Safety Dance)/メン・ウィズ・アウト・ハッツ( Men Without Hats) 元々はカナダで活動していた…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

エリック・カルメン

エリック・カルメン(Eric Carmen) 1949年アメリカ・オハイオ州生 幼少の頃からピアノを修得して、音楽理論などクラシックの素養を身につけるが、少年期ザ・フー、ビートルズ、ビーチボーイズなどに触発されロックに目覚める。1970年にラズベリーズというグループを結成し72年に「ゴー・オール・ザ・ウェイ」がヒットするも…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

マイケル・マクドナルド

マイケル・マクドナルド(Michael McDonald)1952年アメリカ・ミズーリ州生 70年代初めにセッションミュージシャンとして活動を始め、スティーリー・ダンのバックボーカルなどに参加する。1975年ドゥービー・ブラザーズに加入し、独特の歌声が人気を呼び「フットルース」などでおなじみのケニー・ロギンスと共作した「ホワッ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

クリストファー・クロス

1951年生 アメリカ・テキサス州出身 父親の仕事関係で5~9歳まで日本で過ごす。12歳の時ビートルズに影響を受け音楽へ傾斜していく。70年代はじめフラッシュというハードロックグループのボーカルとして活動.。地元テキサスではディープ・パープル、レッド・ツェッペリンなどの前座をつとめる。その後グループから独立してクラブ・ハウスな…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

シカゴ

1967年に結成。ロックにブラスバンドを取り入れ「ブラス・ロック」というジャンルを確立して「長い夜 (25 Or 6 To 4)」が大ヒットとなり70年代を代表するグループになる。1978年メンバーの不慮による事故死やプロデューサーを頻繁に入れ替えるといった音楽性の迷いなどから低迷期に陥る。 お気に入り曲を入れたシ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マイケル・ジャクソン

80年代の洋楽を語るにはまずこのアーティストから。 マイケル・ジャクソン 1958年生 アメリカ・インディアナ州出身 兄弟で結成されたジャクソン5(後にジャクソンズと改名)のボーカルとして幼少の頃から注目を集める。名プロデューサーであるクインシー・ジョーンズと出会い1979年のソロアルバム「オフ・ザ・ウォール」が大ヒ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

プロローグ~洋楽との出会い

はじめまして~かなやんと申します。 80年代の洋楽で印象的だったアーティストなどのことを書きたいと思いこのブログを開設しました。80年代は10代の頃でいろんな音楽に興味を持ちましたが、アメリカのヒットチャートを中心とした洋楽に一番ハマりました。 洋楽との出会いは1978年小学5年生の頃、スキー場で偶然耳にしたアバの「ダンシン…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more